PERSONNEL
TRAINING

トップリーダー育成研修

01

トップリーダー
育成研修

塗装工事業者の経営に資する事業として、トップリーダー育成研修を実施。経営後継者、幹部・幹部候補社員、営業担当者、職長、現場代理人、現場管理を目指す技能などを対象に、将来の会社や現場の中心となる人材を育てます。

02

研修の進め方

塗装工事業者の経営に資する事業として、トップリーダー育成研修を実施。経営後継者、幹部・幹部候補社員、営業担当者、職長、現場代理人、現場管理を目指す技能などを対象に、将来の会社や現場の中心となる人材を育てます。

研修では数人で1グループを組み、営業・管理(経営幹部・営業)コース、現場(職長)コースに分かれ、実際の経営活動、施工管理に関する模擬研修を行います。グループごと、全体での講義、グループディスカッションを行います。

A. 営業・管理(経営幹部・営業)コース

民間マンション、橋梁の改修工事を営業チームとして受注します。仕様書の説明を受けた後、見積書を作成、提出します。発注を受けた後、見積原価や、会社、現場にかかる経費についてグループディスカッションを行います。

B. 現場(職長・現場代理人)コース

工事担当部門として、民間マンション・橋梁の塗装改修工事の施工計画書、実行予算書、リスクアセスメントを含む作業手順書等を作成します。

各コース共通

・会社人として必要なマナーや知識について、基礎講習を行います。
・チームでの活動に先立ち、「会社を良くするための社員としての思考・行動」についてグループディスカッションを行います。
・ グループ活動が終わった後、各グループの受注物件、各種計画書等のプレゼンを行い、グループ間でどのグループの仕事を受注したいか、どのグループに仕事を発注したいか意見交換等を行います。

image 2020年の開催案内はこちら
TOP